人をやる気にするには…2種類の動機づけ

動機づけには外発的動機付け内発的動機付けの2つがあります。

痩せるために運動をする時や、コーチに叱られるのが嫌で練習する時、その目的は体重の

減少や叱られるのを回避することで、スポーツはそのための手段として行われています。

このような動機づけを、外発的動機づけといいます。

一方、陸上競技は楽しいから練習するとか、タイムが縮むのが面白いから頑張るという

ような活動の魅力に引きつけられて、活動すること自体が目的になっている場合を、

内発的動機付けと呼びます。

この内発的動機付けの3つの源として、

自分の周りの環境を自分自身の力で変化させたという「有能さへの欲求」と、

行動することを自分自身で決定したいという「自律性(自己決定)への欲求

が基本になっており、さらに

他者との結びつきを深めたいという「関係性への欲求」があります。

スポーツの指導にあたっては、選手全員が自ら内発的動機付けの状態でプレー

することがベストですが、当然外発的動機付けによりやらせる必要性も生じます。

どちらにしても、選手自らが決定する自己決定の程度を高めることが大切です。

参考:よくわかるスポーツ心理学(ミネルヴァ書房)

 

 

 

お問い合わせはこちらから

上記、受付時間以外は、ネットよりご相談など受付を行って おります。

お電話でのお問合せはこちら

図2

上記、受付時間以外は、ネットよりご相談など受付を行っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です