やる気を支える「やればできる」という感覚

大学院に入学し、2か月が経ちました。

皆さんのおかげで毎週月曜日に通学させていただき、たくさんの気づきを頂いています。

今回は、心理研究会でテーマになった自己効力感という話をします。(バンデューラ)

自己効力感(self-efficacy)とは、例えば「私はこれだけやってきたから絶対に合格する」

「この試合は絶対に勝てる」など自分の力を信じることができる力のことをいいます。

 

指導者が相手の自己効力感を高めるための手がかりとして次の4つの情報源があります。

1.遂行行動の達成   … 目標設定

   適切な目標の設定を支援し、成功体験を積み重ねていくことが有効

2.代理的経験     … モデリング(観察)

   モデルの観察。一流の選手よりも自分の仲間が成功する場面の観察が有効

3.言語的説得     … グループ学習 自己強化

   言葉による説得。指導者や信頼のおける友人からの激励や賞賛など

4.生理的・情動的喚起  … セルフモニタリング 認知再体制化

   生理的な過剰反応を減らしたり、自分の生理的な状態の解釈を変える

 

詳しい説明は必要ないでしょう。コーチング理論もまさしくこの応用ですよね。

部下に対して、選手に対して、家族・子供に対しても、きっと一緒です。

いい機会ですので、ぜひじっくり考えて見てください。

そして、明日から周りに対して実践してみましょう。

 

お問い合わせはこちらから

上記、受付時間以外は、ネットよりご相談など受付を行って おります。

お電話でのお問合せはこちら

図2

上記、受付時間以外は、ネットよりご相談など受付を行っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です