魔法の質問

 先日、質問家のマツダミヒロ先生のお話を聴くチャンスがありました。

その中で最も私にとって重要だと感じたのは、“「尋問(Why)」ではなく「魔法の質問

(How)」を使う”ということです。

当然、私も研修で講師をしていることもあり、このことは頭では理解していました。

しかし、今回マツダ先生から、「Whyは言い訳しか生み出さない。Howは行動、対策、

アイディアを生み出すことができる魔法の質問です。」とお話をお伺いし、本気で腹に落

ちました。

上司が部下に対して、「何でできなかったんだ?」「どうして失敗したか言ってみろ?」

と感情のままWhyで問い詰めるケースがいまだにあると思います。

その時上司の心にあるのはきっと、「何度言えばわかるんだ。いい加減にしろ。」という

怒りで、これこそが尋問だと思います。確かにそれでは相手は言い訳しかできません。

理屈ではわかっていたものの、やっと今までの自分自身の過ちにも気づきました。

このことは仕事だけでなく、親子関係でも同様です。例えば、子供が点数の低いテスト

を持って帰ってくるとつい「どうしてこんな点数になるの?ちゃんと勉強しないからこう

なるでしょう!」と言ってしまう親も多いと思います。その時の子供の気持ちは…?

きっとやる気を削がれているのではないですか?

ぜひこれからは「魔法の質問(How)」を使って、周りとのコミュニケーションを

図ってみてはいかがですか。

「今度はどうしたらできると思う?」、「どういう状態になったらうれしいかな?」…と

積極的に質問し、相手から行動や対策、アイディアを引き出してみてください。

 

これからは 「どうして(Why)?」ではなく、「どのようにすれば(How)?」と

質問してみます。

 

お問い合わせはこちらから

上記、受付時間以外は、ネットよりご相談など受付を行って おります。

お電話でのお問合せはこちら

図2

上記、受付時間以外は、ネットよりご相談など受付を行っております。