母性的な受容と父性的な教育

私が人財育成に携わるようなって丸10年になります。

講師としてまだ経験が浅い頃一番気になっていたのは、“受講アンケートの評価”でした。

そのアンケートの項目の中でも、『満足度』が高いほど落ち着く自分がいた気がします。

しかし最近では結果よりも、「今日の講座は受講生の今後に本当に役立ったのか?」

常に考えるようになってきました。

だからこそ、もちろん時には厳しさも必要だと思っています。

現在、水曜日の夜はある心理学セミナーの研究コースで学んでいますが、その先生が

おっしゃった言葉が、“講師をやるためには母性的な受容と父性的な教育が必要”です。

その先生の、優しい(母性的な受容)ながらも、時に厳しさを持って受講生に接する

(父性的な教育)態度、いつの間にか自分自身のスタイルに慣れきっている私にとっ

て大きな気づきを与えてくれました。

いよいよ4月からは新入社員研修、そして新任の管理者研修の時期を迎えます。

勇気と自信を持って、本当の意味で受講生が「受けて良かった」と感じていただける

よう全身全霊で受講生と接していきたいと思います。

ぜひ期待してください!!

お問い合わせはこちらから

受付時間以外は、主にネットよりご相談など受付を行っております。

お電話でのお問合せはこちら

図2

上記、受付時間以外は、ネットよりご相談など受付を行っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です