原点に返る … 研修講師の使命とは

2014年9月に初めて九州生産性本部で『ビジネス交渉術』のセミナーを実施しました。

ある受講者の方から研修終了後に頂いたメールを紹介します。

人財育成に携わる者として、忘れてはいけないことを思い出させていただきました。

 

『今回、生産性本部より研修の案内が届いた際、その内容にとても惹かれました。 

とはいえ、過去に営業の経験はなく、研修自体に付いて行けるかの不安もあり、なかなか

決断できずに10日前まで悩みました。あとは、参加するなら自腹という点。

37,000円近い自己投資を回収(使えるようになる)できるかどうか?                        

最終的には、初めの「知りたい、学びたい!」という原点の思いに立ち返り参加させて

いただいた次第です。                                            

 研修自体はワークも多く、とても楽しく学ぶことができ感謝しております。 

しかし、最後のワークでがっくり。チームでの取組みでしたが、学んだことが活かせず

終わってしまったことに不安といいますか、自分にがっかりしました。

そして一晩たって出勤。考えを改めました。                                    

私はすぐに使えなくても、営業スタッフに学んだことを伝えることはできる、と。                 (本当は、使えないと伝わらないかもしれませんが・・・)                              

秋は色々と社内研修がありますが、

合間を縫って学んだことを伝える時間をぜひ作りたいと思います。』

 

研修を受けさせられるのではなく、

                                    自己成長のために自ら選択し、お金を出し受講する。

研修講師として、そのような受講生の思いを真摯に受け止め、

                 「高山のセミナーを受講して本当に良かった」と

                               喜んでもらえるように、より一層精進してまいります。

本当にありがとうございました。

 

 
 

お問い合わせはこちらから

受付時間以外は、主にネットよりご相談など受付を行っております。

お電話でのお問合せはこちら

図2

上記、受付時間以外は、ネットよりご相談など受付を行っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です