守破離

“守破離”という言葉は、世阿弥の『花伝書』に書かれ、武道などでも言われる、

修行の姿を示す言葉である。

致知出版社の藤尾社長の言葉を借りると、

厳しく鍛えて基礎を完璧に自分のものにするのが「」である。

その向こうに創造性が芽生える。「」である。

そして自分のリズムで自在に動く境地がでてくる。「」である。

 

先日就活中の大学生にキャリアカウンセリングを実施した時、

「自主性を大事にしてくれる会社に就職したい。自分らしさを大切にしたい。

ちょっと古臭い言葉でいうとオンリーワンになりたいですね。」と話してくれた。

自主性という言葉は非常に重要である。ただし、一足飛びにオンリーワンとはいかない。

そこでこの『守破離』の話をすると、何かに気づいてくれたようだった。

 

「守」がなければ「破」にも「離」にも至り得ない。

特に新入社員に対しての我々教育に携わる者の役目は、たとえ嫌われようとも基礎を

きっちり身につけさせ、後々困らないようにすることだと私は考えている。

オンリーワンの意味をはき違えた新入社員を育ててしまえば、それは我々の責任である。

 

今年も数社から新社員研修のご依頼を頂いているが、皆さんの期待に応えられるように

自らの志を強く持ち、全身全霊で臨みたいと思う。

 

 

 

お問い合わせはこちらから

受付時間以外は、主にネットよりご相談など受付を行っております。

お電話でのお問合せはこちら

図2

上記、受付時間以外は、ネットよりご相談など受付を行っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です