第一感情で伝える

私たちは第二感情で相手にメッセージを伝えて人間関係を悪化させていることが多い。

ある出来事を感じとるときに、

最初に感じるのが「第一感情」、次に感じるのが「第二感情」である。

 

例えば、部下がお客さまの情報収集不足で商談に失敗したとしよう。部下に対して、

A課長 「お前は何をやっているんだ。ちゃんと情報を得ていないからこんな結果

になるんだ。反省しろ!」  怒り・憤り…第二感情)

B課長 「日ごろから君には期待しているのに残念だ。今回の件は君らしくない失注だ。

今後どうすればいい?」             (期待・残念…第一感情

 

仕事だけでは、プライベートでも同様である。

子供が迷子になって見つかった時に、子供に向かって、

A 「どこに行っていたの?ほんとにバカな子ね!」     怒り …第二感情)

B 「本当に心配したのよ。とにかく見つかって良かった…」 (心配・安心…第一感情

 

人間は感情の動物である。論理だけでは納得しない。行動にも移さない。

第一感情で相手にメッセージを送り、良好な人間関係をつくろう。

 

お問い合わせはこちらから

上記、受付時間以外は、ネットよりご相談など受付を行って おります。

お電話でのお問合せはこちら

図2

上記、受付時間以外は、ネットよりご相談など受付を行っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です