プレゼンテーションワークショップ

想定される課題

(1)相手の立場に立って、自分の考えを明確にまとめる
3つ(自分・相手・第三者)の立場からプレゼンテーションの目的は何か、参加者はどのような人か、何を求めているのか、必要な情報は何か、等を事前に準備し、自分の考えを明確にまとめ、わかりやすい内容にする必要がある。
(2)相手にとってわかりやすく伝えるスキルを磨く
自分だけが理解していても相手には伝わらない。専門用語の多用も同じである。
内容はもちろん充実させたうえで、“読むプレゼン”から“伝えるプレゼン”へ変革し、相手が納得する『説得できるスキル』を身につける。
(3)相手が信頼してくれる人間になる

どんなに内容が良く、伝え方がうまくても、最後はその人柄を見て判断することも多い。

一人一人が信頼される人となり、自分自身の意見に強い自信と熱意を持って、プレゼンテーションすることが重要である。

プログラム内容

相手を動かす 成功するプレゼンテーション

(1)コースのねらい

  1. プレゼンテーションとは何か、良いプレゼンテーションとはどのようなものかを知る。
  2. 3つのポイント(①伝え方を磨く、②内容の充実、③人間的魅力を高める)を修得する。
  3. プレゼンテーションをよりレベルアップさせるために徹底的に実践する。

(2)プログラム内容(2日間)

1.プレゼンテーションとは何か

説得力のあるプレゼンテーションとはどういうものかを考える。

わかりやすく伝える練習(コミュニケーションゲーム)

2.プレゼンテーション・スキルを磨く(伝え方を磨く)

人前での話し方のチェックポイントをつかむ。(読むプレゼンから伝えるプレゼンへ…3の魔法)

アイコンタクトやジェスチャー、間などの、話し方の5大ポイントを学ぶ。

3.プレゼンテーション・プログラムをつくる(内容を充実させる)

事前に準備しておくこと(目的・ 参加者分析・情報材料収集‥)を考える。(戦略シートを使う)

構成・内容を相手の立場で考え、わかりやすいプレゼンテーション資料を作成する(3つの立場で考える…自分・相手・第三者、サンドウィッチ法、PREP法…)

4.プレゼンテーション・マインドを高める(人間的魅力を高める)

信頼される人になるためにどうしたら良いかを考える。(メラビアンの法則…自分を売り込め!)

5.プレゼンテーション実践

インパクトを与えることができる伝えるスキルを練習する。

双方向コミュニケーションを図る。(質問の受け答え、共感、ブリッジング…

各自リハーサルを行い、その後全員の前でプレゼンテーションを実践する。 

内容は、十分に打ち合わせのうえでテーマ等はカスタマイズさせて頂きます。

プログラム 1日目

午前(9:00~12:00) 午後(13:00~17:30)

●オリエンテーション

  • コースの目的
  • 講師紹介
  • 自己紹介(自分自身のプレゼンテーション)

●プレゼンテーションとは何か

  • プレゼントとは
  • プレゼンの目的
  • 基本原則
  • コミュニケーションゲーム

    (分かりやすく伝える)

昼食

●プレゼンテーション・マインドを高める

(人間的魅力を高める)
  1. 信頼される人とは(共感の法則)
  2. 熱意が人を動かす 他

●プレゼンテーション実践

  1. 3つで伝える(復習&練習)
  2. 双方向コミュニケーション(質問の受け答え、ブリッジング…)

プログラム 2日目

午前(9:00~12:00) 午後(13:00~17:30)

●プレゼンテーションスキルの基本(伝え方を磨く)

  • 人前での話し方のチェックポイント
  • ボディコントロールの重要性 パワポ作成 他

●プレゼンテーション・プログラムをつくる 
(内容を充実させる)

  • 事前準備(目的・情報材料収集・参加者分析)
  • 戦略シートを使って内容を構成する(3つの立場、サンドウィッチ法、PREP法)

※宿題…2日目のプレゼンテーション資料作成

昼食

●リハーサル(グループ内で実践→フィードバック→修正)

※プレゼンテーション

(1人 プレゼン10分→フィードバック5分)

●全体フィードバック

●まとめ

プログラム 一覧

お問い合わせはこちらから

受付時間以外は、主にネットよりご相談など受付を行っております。

お電話でのお問合せはこちら

図2

上記、受付時間以外は、ネットよりご相談など受付を行っております。