ビジネスコーチング基礎

(1)コースの狙い

  1. 組織と個人をより良い方向へ導くためのファシリテーション能力とスキルを修得する
  2. 上司・同僚・部下・後輩の能力を最大限に引き出し自発的行動を促す「コーチングスキル」を修得する
  3. 家族・友人等との友好的なコミュニケーションを実践する

(2)プログラム内容(1日間)

1.コーチングとは
  • 自分自身のコミュニケーションスタイルをチェックし、コミュニケーションの重要性を認識する。
  • コーチングの歴史と哲学を修得する。
  • 相手のタイプを知り、どのように対応すればよいかを考える。
2.コーチングスキルのレクチャーとロールプレイ
  • 相手に安心感を与え、良好なコミュニケーションを成立させるための環境設定を学ぶ。
  • 質問・承認のしかた(ほめ方)・傾聴をトレーニングを通して修得し実践する。
3.コーチング実践
  • コーチングの構造(GROW)を理解する。真のゴールとは…
  • 目標達成型コーチングと問題解決型コーチング
  • 実際に職場で活用するために、GROWを活用し、テーマを決め2人組でコーチングを実践する。

内容は、ご要望をお伺いした上で御社の課題に合わせカスタマイズさせて頂きます。

“自ら動く部下”を育てるコーチング

(1)コースのねらい

  1. 人が動くための原理・原則を理解する
  2. 自分自身、そして部下のモチベーションを上げるために行動を変える
  3. 関係の質を高める、コーチング・アサーションスキルを実践しながら修得する

(2)プログラム内容(1日間)

1.最低の管理者・最高の管理者
  • 過去出会った管理者を思い出し、最低のリーダーおよび最高のリーダーの特徴・言動を話し合う。
  • 現在の自分自身のリーダーシップと比較し、気づきを得る。
2.人が動くために求められるマネジメントの原理・原則
  • 話し合った結果を踏まえ3つの要素(専門能力、対人力、人としてのあり方・考え方)、人間の基本的欲求(マズローの5段階欲求)、成長の循環モデルを用いて理論を学び、自分自身を振り返る。
3.自分自身を知る(価値観、ミッション)
  • 人はそれぞれ価値観が違う。
    違いを理解したうえでいかにマネジメントするかが重要である。
  • 自分の価値観を明確にし、人との違いをワークを通して理解する。
4.コーチング・コミュニケーション 
  • リーダーとして最も影響を与える部下との関係の質を良好にする方法を学ぶ。
  • ポイントとしては、

    1. 傾聴(能動的な聴き方、受動的な聴き方)
    2. メッセージを伝える(アサーション、Iメッセージ)
    3. ほめると問題点を指摘する(フィードバックスキル)を修得し、コミュニケーションの課題を明確にする。

内容は、ご要望をお伺いした上で御社の課題に合わせカスタマイズさせて頂きます。

“ポジティブ心理学コーチング

(1)コースのねらい

  1. ポジティブ心理学に基づく、最新のコーチングを学ぶ。
  2. 自分自身の感情・強み・価値観を深く知り、コミュニケーションの重要性を感じる。
  3. クライアントの全体的な幸福度を増す強みを見つけ、成長を促すサポートする。

(2)プログラム内容(1日間)

1.ポジティブ心理学とは
  • 人が最大限に力を発揮する、生きる価値ある人生に変えるポジティブ心理学とは何かを知る。
  • 過去出会った人々を思い出し、ポジティブでレジリエンスが高い人の特徴・言動を話し合う。
  • 現在の自分自身と比較し、気づきを得る。 
2.自分自身を知る(感情、強み、価値観)
  • 人はそれぞれ価値観が違う。
    違いを理解したうえでいかにコミュニケーションを図るかが重要である。
  • 自分の価値観を明確にし、人との違いをワークを通して理解する。
3.コーチング・コミュニケーション 
  • ポジティブ心理学に基づく、コーチングを学ぶ。

    (ストーリーテリングを用いて)
  • ポイントとしては、

    1. ゴールの明確化(本気のコミットメント、数値化・コントラスト)
    2. 強みを明確にする3ステップ(識別・受容・開発)と 勇気
    3. 行動変容のステージ(好奇心、責任‥)を修得し、コーチング(スピード・コーチング)をペアで実施し、実践できるようになる。

内容は、ご要望をお伺いした上で御社の課題に合わせカスタマイズさせて頂きます。

プログラム 一覧